グーグルが無人運転自動車開発から撤退

予想どおりとなりました。
グーグルが無人運転自動車開発から撤退し、運転支援システム開発へ方向を切り替える!
http://newautocar.info/news/google-withdraw-autopilot

当初から今世紀内に無人運転が実用化されることはありえないと考えていました。どんなにAI技術が進化しても、人間と同等に道路環境を認識して、安全の価値判断を行い、適切な運転行動を行うレベルには至らない、という技術予測をしているからです。

高速道路ではまだ走行環境がシンプルであり、道路環境認識がやりやすいということと、不測の事態に陥る確率が低いということがあり、自動走行技術の実用化はまずは高速道路からと考えられます。ところが一般道路では、様々な走行環境が出現し、しかもデジタル地図のデータには含まれない障害物が置かれていたりもします。また、タイヤがスリップした緊急状態で、人間の子供か狸かどちらかに衝突せざるを得ない場合にどちらを選択するか、という「トロッコ問題」を解決できる価値観を自動運転機能に持たせることは大変難しいと考えられます。AIはそこまでは進化しないと考えています。

グーグルは最近自動運転技術の開発責任者が立て続けに退職して、その開発体制が減速に向かっていることを示唆する状況にありました。それがついに撤退宣言となったわけです。

日本でもロボットタクシーなどの無謀な技術挑戦が観られますが、無駄な税金を費やしている産学官連携開発体制を大きく見直す時期となっていると考えられます。

こちらもご覧ください。
日経電子版BizGate 識者コラム「古川修の次世代自動車技術展望」
http://bizgate.nikkei.co.jp/series/012164/index.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック